リンパマッサージとは違う?

カイロプラクティックとリンパマッサージはどのように異なるのでしょうか。リンパマッサージについての理解を深め目的に応じて使い分けることができるようにしておきましょう。その特徴をご紹介します。

■リンパマッサージとは
リンパとはリンパ液を運ぶための導線のことを指しています。リンパ液とは何かを理解するために体の仕組みについておさらいしておきましょう。人間の体は約60%が水分で出来ています。この水分を循環させることによって体は健康を維持しているわけです。循環させるために重要なのが心臓と血管です。心臓は血液を体中に送り出すポンプの役割を果たし、血管は血液を運ぶ道路の役割を果たします。血管は実は同じ太さで続いているわけではなく、だんだん細くなるものです。最終的には一番細い部分から血液がしみだして細胞を潤します。細胞は古くなった水分の8割を心臓に戻します。残りの2割の心臓に戻らない水分がリンパ管に入り独自のルートをたどるのです。この働きを促進するのがリンパマッサージの目的といえます。

■リンパの役割
リンパが何のために存在しているかというと、簡単に言うと下水道の役割を果たします。いわば老廃物を運び大量の白血球によって異物を除去します。つまり、リンパの流れが悪く成ってしまうと体中に老廃物が停滞してしまうことになり、きれいな水分が体をめぐるのを邪魔してしまうのです。体は常に新鮮な水分を循環させることが大切ですから、リンパの流れを活性化させることが健康には不可欠なのです。

■リンパマッサージでデトックス
リンパマッサージは体の老廃物を除去するために必要な働きを促進するために行われます。美容面での効果があるだけでなく、医療面でも重要なマッサージとされているのです。その施術方法はとても単純なもので、リンパ管の流れの方向に皮膚の上からさすってあげることだけです。そのため自分でも簡単にできる施術方法としても注目されています。最近ではより滑りやすくするためにオイルを用いて、リラックス効果をともに楽しんだり、パウダーやクリームなどを付けて潤滑油のように用いる場合もあります。

リンパマッサージは手軽にできるマッサージでありながら、体の働きを正常に保つうえで効果の高い施術の一つといえるでしょう。基本的な知識さえあれば自分でもできる場合もありますので、意識して毎日行うことで美容面でも健康面でも満足のいく結果が期待できます。